Photoshopで人物の髪の毛や動物を簡単に切り抜く方法【デザインTips】

Photoshopで人物の髪の毛や動物を簡単に切り抜く方法【デザインTips】

Photoshopで画像を切り抜きたい!でも人物の髪の毛とか、ふわふわの動物とか、細かくて難しそう…

大丈夫、心配はありません。簡単にきれいに切り抜くことができますよ!

Photoshopで「被写体を選択」→「選択とマスク」

子どもの写真

こちらの画像を切り抜いてみましょう。

メニューの「選択範囲」から、「被写体を選択」をクリックします。
被写体を選択
被写体が選択されました

大まかに、人物が選択されました。
(たくさんものが映っていたり、人物と背景のコントラストが弱い場合はうまく選択されない場合もあります。この後の作業で修正すれば大丈夫です)

画面上の、「選択とマスク」をクリックします。
「選択とマスク」をクリックします

すると、下の画像のような画面になります。
切り抜く部分と切り抜かれる部分の表示方法は、画面右の「表示」をクリックして選びましょう。
オニオンスキンや点線、白黒など、色々な表示方法があります。
↓こちらは「オーバーレイ」です。選択されていない部分が赤く表示されています。
選択とマスクの表示方法を選ぶ

Photoshop「選択とマスク」の各種ツール

左上に、「選択とマスク」で使用する各種ツールがあります。「選択とマスク」で使用するツール

クイック選択ツールのアイコンクイック選択ツール

選択範囲を自動で選択してくれるツールです。色の境界がはっきりしている部分を選択する時に便利です。
このツールでなぞると、同じ色の範囲を自動で選択してくれます。
逆に選択範囲から除きたい場合は、altキーを押しながら、または上のマイナスをクリックしてからなぞると除かれます。

境界線調整ブラシ境界線調整ブラシ

境界線を調整してくれるブラシです。
髪の毛などの細かい部分をなぞると、細かく調整してくれます。

ブラシツールのアイコンブラシツール

ブラシツールの感覚で境界を選択できるツールです。

ブラシツールの設定画面
画面上に設定する場所がありますので、ここで硬さ(ぼかし具合)やペンの直径などを設定できます。
色の境界がはっきりしない部分を自分で選択するときなどに便利です。

オブジェクト選択ツールのアイコンオブジェクト選択ツール

「被写体を選択」と同じような機能で、ドラッグした範囲にある被写体を自動で選択してくれるツールです。

多角形選択ツールのアイコン多角形選択ツール

クリックした場所を頂点とした多角形に選択できるツールです。
直線部分などを選択するのに便利です。

上記のツールを使って、被写体をきれいに選択する

選択範囲の修正を実際にやってみました。動画でチェックしてみてください。

動画でやり方をCHECK!↓

「選択とマスク」での範囲選択が完了したら

↓このように、範囲選択が完了しました。
Photoshopで簡単!人物・髪の毛の切り抜き
不要なカラーを除去 のボタン
背景に色がついていて、切り抜いた後も影響しそうな場合は、画面右の「属性」タブを下にスクロールするとある、「不要なカラーを除去」にチェックを入れておくのがおすすめです。ある程度背景の色を取り除いてくれます。

きれいに選択ができたら、右下のOKボタンを押して、「選択とマスク」を終了します。

↑通常の画面に戻ると、点線で選択された状態になっているので、

Photoshopの通常の画面
↑レイヤータブの下にある「マスクを追加」ボタンを押してマスクを適用させます。

マスクが適用されて背景が透明になりました。
髪の毛などの細かい部分もきれいに切り抜きできています!
切り抜き完了後画像

いかがでしたか?

コツさえつかめば、そんなに時間もかからず簡単に切り抜くことができます。
ぜひやってみてくださいね!

デザインテクニックカテゴリの最新記事