在宅で収入がある主婦の確定申告、いくらから必要?

在宅で収入がある主婦の確定申告、いくらから必要?

フリーランス、在宅ワークをしている主婦はいくらから確定申告が必要?

フリーランスで収入を得ている主婦の方や、在宅ワークや内職で収入を得ている主婦の方。

気になるのは、収入がいくらから確定申告が必要なのか?ということです。

専業主婦が収入を得ている場合、ボーダーラインとなる金額は

所得額 48万円です。(2020年現在。合計所得が2400万円以下の場合)

※2020年1月、基礎控除が一律38万円から、合計所得に応じた金額に改正されました。合計所得2400万円以下なら48万円、合計所得が上がるごとに控除額が段階的に少なくなり、合計所得が2500万円以上だと0円となります。ここからは、合計所得2400万円以下と仮定して話を進めます。

この所得額48万円というのは1年間での金額なので、専業主婦の方は所得が月に4万円を超えてきたら確定申告を意識した方が良いでしょう。

さらに、主婦の方で「パートをしていてさらに副業している場合」は副業での所得が20万円以上で確定申告が必要です。

ちなみに、基準となる金額はあくまで「所得」です。

所得 = 収入 – 必要経費

なので、例えば収入が年間で100万円以上あっても、必要経費が70万円かかっていれば

100万円 – 70万円 = 30万円

となるので、確定申告の必要はありません

必要経費を差し引いても、1年間の収入が48万円を超えるようなら、確定申告をしましょう。

 

所得が48万円を超えているのに確定申告をしなかったらどうなる?

マイナンバー制度等で銀行口座なども紐づいているといわれている昨今、少しだから収入を申告しなくてもばれない…ということはありません。取引先への税務調査で、自分の無申告がばれてしまう場合もあります。

もし無申告が発覚した時は、罰金等のペナルティが発生します。故意である場合は刑事罰が科せられることも。面倒でも、必ず申告しなければなりません。

万が一、申告をしていなかったことに気づいた場合は、気づいた時点で自分から申告しましょう。十数パーセントの延滞税、無申告加算税が課せられる場合はありますが、何十パーセントもの重加算税や刑事罰を受けるよりも自分から申告した方がはるかに良いですね。

 

所得が45万円~48万円の間のときは、住民税にご注意!

所得(収入ー必要経費)が48万円以下だからなにもしなくてもOK…と思ったら住民税の納税通知書が来た!という場合があります。

実は所得税の控除額(申告しなくても良い額)は48万円ですが、住民税が発生するのは45万円から(以前は35万円からでしたが、2020年より引き上げられました。合計所得2400万円以下なら43万円、合計所得2500万円まで段階的に低くなるのは所得税と同じです)

配偶者(夫)の扶養に入っていたとしても、45万円からはみ出た分には住民税が課せられます。

(住民税は45万円まで非課税なので、45万円を超えると支払いが発生し、控除額は43万円となります。控除額と非課税額に開きがあるのがややこしいところです…)

年間の所得が45万円~48万円の方は、確定申告は不要ですが住民税の支払が必要になります市役所等に問い合わせてみると良いでしょう。

所得が48万円以上になり確定申告をすれば、確定申告は住民税の申告も兼ねていますので、住民税の申告は不要になります。

45万円~48万円という所得がある場合のみ必要となってきますので注意してくださいね。

 

収入が増えてきたら、確定申告をスムーズにするために準備しておいた方がベター。
後から困らないように、意識しておいた方が良いポイントをまとめました。

確定申告・税金カテゴリの最新記事