経験談【5】ついに報酬をゲット!ますますコンペにのめりこむ。

経験談【5】ついに報酬をゲット!ますますコンペにのめりこむ。

初めての、クライアントとのやりとり

前回までのお話

看板デザインコンペに応募し始めたshiro。

夫の運転で出かけるときは助手席で、町中の看板をじーーーーーーっと見つめる日々が始まりました(笑)

そうして看板デザインを勉強しながら何件か応募したところで、初めて、クライアントさんからメッセージが!!

そのメッセージは「修正依頼」のメッセージでした。
提案した看板デザインの数か所を修正して再度見せてほしいとのこと。
そして、もう他の提案で気になるものがあるので、そちらの方にも修正依頼をかけているとのこと。

初めてのクライアントさんからのメッセージ、初めての修正依頼に、緊張で手をブルブルさせながら言われるがまま修正し、再度提案しました。
こんな感じの修正のやりとりが2~3度続きました(その間も心臓はバクバク、メールの通知が鳴るたびにブルブルしていました)。

こうして、最善を尽くしたもののやはりまだまだスキル不足…
最後はもう一人の方が当選し、コンペは終了しました…

しかし!!!
この時応募していたのは、54000円のコンペ。
そのうち、当選報酬は45360円、参加報酬は2140円が4件でした。
(コンペは当選報酬も、参加報酬の人数・金額も色々あります)

この時のクライアントさんはとても良い方だったのと、当選した方と私にしか修正依頼を出していなかったのもあって、なんと、4件の参加報酬を全てshiroの修正案につけてくれたのでした…!!感激…!!

参加報酬2140円×4件で8640円。そこから手数料が20%引かれ、6912円の収入でした。
(ランサーズでは、手数料が10万円以下の契約金額で20%引かれます。金額が上がるごとに引かれる割合は低くなります。2020現在)

初めて自分のデザインに対して支払われた対価。
出産のために仕事を辞めてから5年以上、自分で収入を得ることがなかったshiroにとっては数千円といえど大金です。
こちらのスキルが足りないながらも良いやりとりをしてもらえたのもあり、とても感動した初めての収入でした。

こうしてますますコンペへの熱はヒートアップしていくのでした。

 

ついに、コンペで初めての当選

出せども出せども何の反応もなかったロゴコンペとは違い(苦笑…)、看板デザインに応募するようになってからは、明らかに反応をいただけることが多くなりました。

shiroのデザインが、インパクトが重視される看板に向いていたのもあったのかもしれません。

それから1カ月ほどの間に、参加報酬を何度かと、ついに本当選をいただくことができました…!
初めての当選は、手数料を引いた当選金額が17280円のコンペでした。

当選をいただいたものの、看板の入稿データの作り方がわからず、ググりました…(クライアントさん本当にごめんなさい。)
無事に入稿でき、クライアントさんにも満足いただくことができ、一安心。

 

 

…ここまでが、クラウドソーシングに登録してから、2~3か月の間のできごとでした。

 

いちかばちか、の精神ではじめてみたデザインと、クラウドソーシング。
この月、数万円の収入を手にしたshiroは、「これは、やっていけるかもしれない…」とゴクリと唾を飲み込むのでした。。

 

次回に続きます。

<経験談>在宅デザイナーになるまでカテゴリの最新記事