ai、jpg、png…いろいろなファイル形式について【デザイン初心者向け】

ai、jpg、png…いろいろなファイル形式について【デザイン初心者向け】

デザイン初心者が必ず覚えるべきファイル形式

データの形式にはたくさんの種類がありますが、デザイン制作するなかで覚えておいたほうが良い形式を集めました。

データ形式はファイル名の後ろにつく拡張子で見分けます。Windowsはデフォルトで拡張子が表示されない設定になっていることも多いので、非表示になっているばあいは表示するように設定しましょう

.ai(エーアイ形式)

Illustrator専用のデータ形式。どれだけ拡大・縮小しても劣化しないベクターデータを取り扱える。Illustratorで再編集が可能だけれど、ソフトがないと開けない。印刷会社への入稿に使われることも。
古いバージョンだと開けないことがある。

.psd(ピーエスディー)

Photoshop専用のデータ形式。ソフトがないと開けない。Illustratorでは、画像データとして配置することも可能。

.pdf(ピーディーエフ)

電子マニュアルや資料でよく目にするデータ形式。データを紙に印刷したような状態で保存でき、ソフトを持っていなくても表示できる
Illustrator、photoshopどちらからでも書き出せる。印刷会社への入稿は、最近はこの形式が使われることが多い

.eps(イーピーエス)

ai形式に似た形式でベクターデータ(どれだけ拡大・縮小しても画質が劣化しない図形)を扱うことができ、Illustrator以外のソフトでも開くことができる。ただしIllustrator独自の効果は全て維持できるわけではない。

.jpg(ジェイペグ)

画像データ。割と軽くて、スマホやPC等色々な環境で表示でき汎用性が高い。写真や、グラデーションを使ったイラストなど、色が多い画像に適している。
ただし、編集して上書き保存を繰り返していくと画質がどんどん劣化していくので注意が必要。背景を透明にすることはできない。

.png(ピング)

色数が少ないものを高画質で保存できる画像データ。背景を透明にすることもできる。
写真やグラデーションを使った画像はデータサイズが大きくなる。

.gif(ジフ)

pngが一般的になる前、色数が少ない画像を保存するのに使われていた画像データ形式。現在はpngの方が広く使われています。
gifアニメという簡単なアニメーションを使った画像を作れることが特徴。

 

以上、デザインに使う主なファイル形式を簡単に紹介しました。

この他にも色々ファイル形式があります。知らない形式に直面した時は、その都度調べて覚えていきましょう。

デザインの独学方法カテゴリの最新記事