主婦が独学で在宅デザイナーになるために、これさえ覚えればOK!の4つの技術

主婦が独学で在宅デザイナーになるために、これさえ覚えればOK!の4つの技術

これさえできれば作品は作れる!基本的な4つの技術を覚えよう

illustratorとphotoshopを独学で勉強する準備。

↑準備編はこちら

 

ソフトと書籍の準備ができたら、実際にデザインを作れるように勉強をしていきます。

基本として、次にあげる4つのことさえできれば、チラシ・カタログ・看板・webバナー等の一般的なグラフィックデザインはとりあえず作れてしまいます。

【1】文字の配置

どんなデザイン制作でもほぼ必ずといっていいほど、文字の配置はつきものです。

はじめは、文字の見栄えはおしゃれなフォントに頼ってしまいましょう。

フォント=文字の書体です。

日本語なら明朝体、ゴシック体、丸ゴシック体の他に、ポップ体や手書き風、アンティーク風などなど。

欧文ならセリフ、サンセリフ、スクリプト体、ゴシック体などなど。

おしゃれなフォントで文字を配置すれば、それだけでセンスのあるものに見えてくるから不思議です。
パソコンに元から入っているものだけで探そうとすると難しいですが、ネット上に商用(商業目的の使用)が可能なフリーフォントはたくさんあります。(個人まで、というものは商業目的には使えないので注意しましょう

「フォント 商用可」などで検索すれば、まとめサイトなどがたくさん見つかりますので、色々ダウンロードしてインストールしておき、制作物の雰囲気に合わせて使うようにします。

どんなフォントがどんな雰囲気に合うのか、身の回りにあるパッケージや雑誌の字体を意識して見るのをくせづけていくと勉強になります。

 

【2】写真素材のダウンロード、切り抜き・配置

良い写真があれば、それだけで目をひきつけることができます。
こちらも、商用に使える素材が無料・有料でインターネット上にたくさんありますので、制作するものの雰囲気に合わせてその都度探しに行きます。
自分で撮るのももちろんアリ。

shiroはこちらのサイトをよく利用しています。

無料写真素材なら【写真AC】

写真は四角いまま使うのもOKですが、丸く切り取ったり、使いたい部分だけ切り取ったりして配置します。

切り抜くのはphotoshopでもillustratorでもどちらでもできます。やり方は後日解説しますね。

 

【3】イラスト素材のダウンロード、配置

必要に応じて、制作するものの雰囲気に合わせた背景の柄や、イラストを入れていきます。
こちらも、商用に使える素材が無料・有料でインターネット上にたくさんあります。
ただ、イラストは使い方を間違うと子供っぽくなってしまう場合もあるので注意が必要です。

こちらのイラスト素材サイトは、先ほどの写真サイト「写真AC」姉妹サイトなので、有料会員になる場合は一つの契約で使用できて経済的です。

素材の品質が良く、数も豊富なのでよく利用します。

無料イラストなら【イラストAC】

イラストAC、写真ACは無料会員だと一回につき検索は5回までしかできません。
プレミアム会員だと検索回数制限なし、待ち時間なし、プレミアム素材もダウンロードOKなのでサクサク作業が進められます。
年々、プレミアム会員費が高くなる傾向にありますので、早めに会員になっておくことをおすすめします。
(shiroが会員になったのは2017年ですが、その時から比べると年会費はなんと5倍になっています。。素材の品質が上がってますし、クリエイターさんに還元するためなので仕方ないですが)

 

イラスト素材には、jpg、png、eps・aiという形式があります。簡単に説明すると

・jpg=写真のように1つの画像になっているもの

・png=jpgと似ているが、背景が透明になっているものもある

・eps・ai=illustratorなどで編集できるようにパーツが分かれているデータ

というものです。eps・ai形式はillustratorで色を変えるなど編集でき、ベクターデータといって拡大・縮小しても劣化しないものがほとんどなので便利です。

 

【4】丸、四角、三角、線など単純な図形の配置

チラシなどをよく見て見ると、これらの単純な図形を多く使って構成されています。
単純な図形は簡単に作れます。効果的に使って、目をひくものを作れるようにしていきます。

 

 


…以上、はじめに必要な技術は、この4つだけです。
【4】以外は、人様の作った素材を配置するだけ…ですね。

ですが、まずはこういった素材の配置で一つの作品を作り上げることを繰り返していくことで、データの形式やレイアウトの勉強をします。

そこから徐々に、色々自分で工夫したり、欲しい素材がない時に自分で作ったりして、だんだん思うものを作れるようにしていきます。

 

実際のところ、チラシやバナーのデザインを日々行うには、素材を1つ1つ作っていては時間がいくらあっても足りません

また、素材をダウンロードすることで、それを作っているイラストレーターさんやカメラマンさんにきちんと報酬が入るシステムを利用することで、素材を制作している方々の助けにもなっていきます(レイアウトが苦手、イラストや素材を作るのが好き、という方はそちらを目指すのも手ですね!)。

自分なりの個性を出しつつ、素材を上手に使って作品を作るようにしていきましょう。

以上の4つの技術を使えるようになったら、いよいよコンペに応募していきます。

→デザインコンペに応募する